調査

【調査データ】 情報システム部門の役割と課題

ソリトンシステムズ・マーケティングチーム
アイキャッチ
目次

情報システム部門の役割

2022年6月1日~2022年6月3日でインターネットアンケート調査(企業ネットワーク及び関連システムに関する調査)を実施し、1,114件の回答を得ました。
この記事は、その結果の中から「情報システム部門に求められていること」及び「感じている課題」について整理しています。


【調査データ】企業ネットワーク及び関連システムに関する調査 -全国の情シス1114名に聞きました- | ネットアテスト

本記事では、インターネット調査から見えてきた状況や課題などを分析・整理し、レポートとして広く公開するものです。企業ネットワークの企画・導入・運用をされている情報システム部門の担当者様、お客様にITシステムを提案されているインテグレーター様の日々の活動の一助となりましたら幸いです。

netattest.com

og_img

アンケート設問 

情報システム部門に求められている役割を全てお答えください。また、その中でも最も強く求められているものを1つお選びください。
  • 経営者が示す方針に沿ったITシステムを導入する
  • システム利用者からの要望に応えるITシステムを導入する
  • ビジネス環境の変化に対応したITシステムを導入する
  • 社内ヘルプデスクとしてシステム利用を補助する
  • ITリテラシ―向上のための教育・啓発活動を行う
  • 最新のIT動向を把握し社内に提言する
  • 自社の要件を満たす製品を選定し導入する
  • 稼働中のシステム・サービスをトラブルなく維持する
  • システム・サービスを効率化しコストを低減する
  • その他

情報システム部門に求められている役割(全て)

情報システム部門に求められる役割りとして、「システム利用者からの要望に応えるITシステムを導入する」が65.1%と最も多く、「稼働中のシステム・サービスをトラブルなく維持する」(60.2%)、「ビジネス環境の変化に対応したITシステムを導入する」(55.6%)が続きました。「経営者が示す方針に沿ったITシステムを導入する」を選択した回答者も過半数を超えています。

そのほかの設問も幅広く選択されており、情報システム部門の業務が多岐にわたっていることが分かります。

情報システム部門に最も強く求められているもの(1つ)

前述のとおり、情報システム部門は様々な役割りを担っています。
いずれも企業のIT戦略に不可欠なものですが、その中でも最も強く求められている(と情報システム部門の担当者が感じている)ものを選択いただきました。

「システム利用者からの要望に応えるITシステムを導入する」が19.7%と最も多く、次いで「稼働中のシステム・サービスをトラブルなく維持する 」(19.2%)となっています。

利用者の要望を実現し、それを快適に使用できるよにする【サポート役】を期待されていることが分かります。

情報システム部門の課題

アンケート設問

情報システム部門における課題やお悩みを全てお答えください。また、その中で最も深刻なものを1つお選びください。 
  • 経営者から実現困難な指示を受けることがある
  • システム利用者から実現困難な要望を受けることがある
  • ビジネス環境の変化に企業風土や社内規則が追いついていない
  • 導入したシステムが十分に活用されない場合がある
  • 社員のITリテラシ―が低い
  • 最新のIT動向を把握しつづけることが困難である
  • 新たなシステムの導入を企画できる人員・人材が不足している
  • 既存システムを維持する人員・人材が不足している
  • 実施したい計画に対して予算が十分ではない
  • その他

情報システム部門が抱える課題(全て)

情報システム部門が抱えている課題として、「新たなシステムの導入を企画できる人員・人材が不足している」が47.7%と最も多く、「導入したシステムが十分に活用されない場合がある」(41.3%)、「システム利用者から実現困難な要望を受けることがある」(40.8%)と続きます。

『限られた人員のなかで利用者から要望に応えるべく苦心したのにも関わらず、導入したシステムがあまり利用されない・・・』といった現実が見えてきます。

情報システム部門が抱える最も深刻な課題(1つ)

様々な課題があるならで、もっとも深刻なものを「1つ」選んでいただきました。

「新たなシステムの導入を企画できる人員・人材が不足している」と「既存システムを維持する人員・人材が不足している」が、ワースト1位、3位に入っており、問題の深刻さが改めて見えてきました。

調査データの引用について

  • 本サイトに掲載している調査結果・図版は、出典元として「ネットアテスト(https://www.netattest.com)」を明記いただくことで引用できます。

  • ご利用に際してのご連絡は、事前・事後ともに不要です。

  • 今後のビジネスの検討や、ウェブ記事・プレゼンテーション・企画書内で示す補足データとして是非ご活用ください。

ソリトンシステムズ・マーケティングチーム